前へ
次へ

金買取と消費税との関係

金を買うときは、もちろん自身が払うことになるのが消費税です。
その反対に、利用者が持っている金を業者が手に入れる金買取では、業者サイドが消費税を払います。
生活で消費税は、払うことはあっても受け取るチャンスはあまり多くないといえます。
金買取によって非常に多くの金銭が手に入れば、消費税として受けた分の金銭は、どうすれば良いのか戸惑うケースがありますね。
当然のこと消費財を受けたサイドは、国に申告し、納税する責任があります。
こうした手続きに気をつけなければなりません。
しかしながらこうした消費税の申告や納税においては、個人事業主並びに法人に強いられた義務になります。
したがって、個人で取引をしているケースでは、納税することは不必要です。
それに加えて個人事業主に関しても、1000万円の納付免税枠が準備されています。
該当の範囲内である場合は、金買取によって消費税を手に入れたからといって、特別なことをする必要性がないといえるでしょう。

Page Top